もっと強く、もっと快適な家、壁式鉄筋コンクリートに外断熱性能をプラスした高性能住宅をかね長桜建設がご提供致します。

トップ > コンセプト > RC住宅ついて

RC住宅ついて

RC住宅「もっと強く もっと快適な家」

地震や異常気象による大雨など世界的にみても自然災害の割合がとても 高い日本において大切な家族や財産を守る為に、もっと強く・もっと快適な家を提案します。

 

キーワードとなるのは・・・
R・・・Resistance(外力に対する抵抗)
C・・・Comfort(快適性)

 

桜建設の提供するRCの家は、壁式鉄筋コンクリート構造に外断熱という性能をプラスした 高性能住宅です。

 

壁式鉄筋コンクリート構造は、引張力に強い鉄筋と圧縮力に強いコンクリートの長所を組み合わせた構造で、
箱の様な6面体を構成する事で外力をバランスよく面で受け止める事ができます。

 

柱や梁で構成されるラーメン構造と違い、 壁の凸凹を極力 無くせるので有効な空間を生み出し、 家具の
配置や生活動線の確保に優れています。

構造図

また鉄筋コンクリートは、それ自体が耐火構造なので、木造と比べると圧倒的に火災に対する安全性が高く
資産価値も高くなります。 一般に重い素材は遮音性能が高いと言われますが、コンクリートも重い材料なので、
合板や石膏ボードと比べて遮音性能が高く、熟練の職人さんの技量によって、 現地で型枠を組み・鉄筋を
組み立て・生コンクリートを流し込む事により、 隙間の少ない構造体が出来上がり、高い気密性能を確保できます。

構造図

以上のように壁式鉄筋コンクリート構造がもともと持っている快適性能のポテンシャルをUPさせる為に、
桜建設では、高性能なガラスサッシと外断熱工法を組み合わせています。
コンクリートは熱を伝えるので壁の外側を断熱材で覆い建物を外気から断熱する事により結露が発生せず
室温の変動が抑えられるので、冷暖房効率の高い快適な省エネ住宅を実現できます。
断熱材には、ビーズ法ポリスチレンフォーム(EPS)を採用しています。
このEPS断熱材は、炭化水素を発砲ガスに用いていますが、短期間で大部分のガスは空気と置換されます。
またフロンガスを使用しないので、環境にやさしい住宅です。

 

RC住宅の施工ギャラリーはこちら

  • RC住宅について
  • 木造受託ついて
  • リフォームについて